学校案内

挨拶

理事長 稲福 全人

「生命を尊重する、人間性豊かな専門職業人の育成」を建学の精神として発足した本学は、創立以来その理念に従い、学生と向き合ってきました。どのように時代が変わろうとも湘央学園が「人と生命のために科学する心を育む」姿勢にかわりはありません。これからの時代は、人の叡智と心のバランスがさらに重要となり、医療従事者にとって今まで以上に心の豊かさや優しさが求められてくると思います。

学校法人湘央学園の教育理念は「愛・智・技」です。医療や福祉の分野にたずさわる者は、深い愛情に根ざした、質の高い知識と技術で仕事にあたらなくてはならないという思いを表しています。「愛」とは、「己を愛するが如く、汝の隣人を愛せよ」というキリスト教精神もさることながら、むしろ儒学でいうところの「仁」の精神、すなわち人に対する思いやり、優しさ、気配りといった人間性を意図しています。「智」は単に豊富な知識ということではなく、人間のもつ叡智を、そして「技」は理論に裏付けされた質の高い技術を指しています。

我々は看護・介護の道を目指す学生たちに対し、確かな知識・技術だけでなく思いやりをもって対象者となる人と接することが出来るようにこの学校で経験を積んで貰いたいと常日頃思っています。入学時、漠然と考えていた看護・介護というものを卒業時には1人1人自分の中で確立した看護師・介護福祉士像を持つ事が出来るように指導したいと思います。沖縄県の医療福祉を支える担い手として無限の可能性を秘めた学生達の能力を引き出す事が我々の仕事です。学生が様々な困難や壁に当たった時、我々は寄り添い、共に考え、行動し、解決に導いてあげたいと思っています。

湘央学園は今も昔もこれからも学生を支える学園です。新入生、在校生は当然の事ですが、卒業生に対しても我々は支えて行きます。安心してこの湘央学園で学業に努め、医療福祉の世界へ巣立って行って下さい。我々は皆さんが最良で最適な医療福祉の担い手となり、併せて人々に幸せや安らぎを与え、また自身も自分の仕事に誇りとやり甲斐を感じられるような医療福祉に特化した専門職業人の育成に学園全体で取り組んで参ります。

人間力豊かな職業人育成に尽力。未来の介護福祉を担う人材へ。

校長 稲福全三

本校では学校法人湘央学園の教育方針に基づき、また、刻々と変化する介護福祉の現場に応じて、即戦力となる介護福祉士の育成・輩出に尽力して参りました。今、私どもが考える介護福祉士の養成においては、職業人としてどうあるべきかを非常に重要視し、人間力のさらなる向上にも力を注いでいます。というのは、介護福祉の現場において最も大切なことは「ラポール」、相互に信頼し合い安心して感情の交流が行えることに他なりません。

知識や技術の提供だけでなく、高齢者が抱える様々な悩みや不安にも寄り添い共感することで、相手は安心し感動し、信頼関係が深まり、心身の癒し効果が高まります。また、交流を深めることでケアに必要な情報が得られ、より良い介護が行え、相手も自分もモチベーションが上がるのです。

介護予防においても同様に、介護福祉士自身が率先して健康づくりを実践し、自らの体感をもとに指導すると、受ける側も真剣に取り組み“やって良かった”という成果と満足、感謝の念が生まれます。信頼という強い絆がそうさせるのです。

本校が目指す人材育成は、ラポールの精神を持った介護福祉士です。その精神と取り組みこそが、高齢化社会をより良く変えてゆく源だと確信しております。

多くの人に触れ、多彩な経験を通し、介護福祉士としての資質を高める。

副校長・学科長 友寄景弘

本校では湘央学園の教育理念である「愛・智・技」に基づく授業を行っており、これらの基盤ともいえる「コミュニケーション能力」の向上にも力を注いでいます。その一貫として方言や伝統芸能等の学習を取り入れ、介護はじめとする多様な福祉の分野で幅広く人と関われる能力を育成しています。指導にあたる方々にはその道の熟練者を招き、交流を通してのふれ合いも良い経験になっています。

また、本校は実践学習にも尽力し、実習を受け入れて下さる施設も多く、学生は様々なケースを体験し自ら見聞を広めています。さらに、今後ますます重視される「介護予防」を特別授業として取り入れ、次代を見据えた学びも教授しています。

超高齢社会に向かう今、介護福祉士が担う役割は非常に大きく、その専門性に期待が高まっています。沖縄アカデミーでの学びや経験がより良く活かされ、次代のリーダーとして活躍できるよう、熱意と愛情をもって支援します。

ページの先頭へ